靴のサイズ感

靴の適正サイズ、難しいです。

スーツやシャツ、靴のパターンオーダーを吉田スーツではお受けしておりますが、私は靴のサイズ感が一番難しいです。

やっぱりカコッコイイ靴と思うと、幅も広くなくシュッとしてるのが好みなのですが、私の足は偏平足で小指の付け根が、デブってて。

サイズ的には4E位の幅広ですが、見た目には2Eを履きたいので、細めを作ります。

細いサイズを長時間履くと必ず足が痛くなり、履けなくなる始末。

幅広サイズを履くと、楽ちんで快適ですが、あまり見られたく無い靴姿。

格好良さを短時間見せるか、ラクさを長時間続けるか、試行錯誤。

 

最近は格好良さを優先した細めの靴を履きすぎた事と、スタッフが筋トレにはまってて、負けじと歳を無視したオーバートレーニングの結果、疲労骨折中。

革靴も履けず、サンダルしかはけない、スーツ着る仕事としては最悪な足姿。

 

スーツや靴、サイズを測りピッタリに作っていくのがお客様の為。

特に靴は革が伸びるので、ピッタピッタで作ります。が、長年足の不調をお持ちの方にも、もしかしたらピッタリサイズをオススメしていたかと思うと反省です。

思い返すと、足が痛いから大きなサイズ? または小指が痛いから絶対に当たらない靴が欲しかったかも知れないのに、細めの靴をオススメしていた可能性が有るかと思うと、とにかく反省、改善をしないといけません。

 

もっとお客様からの希望を聞いて、かなえてあげられるお店にならないといけません。

足が痛くて、自分がその立場になれたから気づけた事ですので、やっぱり経験ですね。

 

話しはそれましたが、試行錯誤の結果、私は小指の付け根が当たらなければ、それほど足が痛くならないので、やっぱり細目に見せたいので基本は細目のサイズにして、のせ甲してます。

 

出来る箇所は限られるのですが、たとえば右足の通常木型(これはシューツリーですが代用)

で作れば補正無しの靴が仕上がります。

これに、左足の感じで革を乗せたこの部分だけ、大きめになるように作るのです。

出来る箇所は、親指横と小指横と甲の部分です。

小指だけに、のせ甲が今の私のベストな靴。

 

吉田スーツでは、パターンオーダー靴を、お客様からのご意見を今まで以上にお伺いしてお作りします。

ただパターンオーダーの為、対応できないサイズ感や医学的な健康靴はお作りが難しいですが、37000+税で十分楽しめますので、吉田スーツ靴。

ネーミングがややこしいですが、是非ともお願いします。

 

Follow me!