適正サイズについて

今回は適正サイズについて、少しふれさせて頂きます。

上着やベスト、パンツにシャツなどなど、適正サイズで着こなしている方々、とても努力していることと思います。

まず体型、体重の安定があるからこそ、出来るのでは無いかと思いますので、ブクブクと肥えている私から見ると、尊敬です。

また適正サイズも仕事や用途、流行や体型によっても変わってくると思いますので、あくまでも吉田が思うサイズとして読んで頂ければ、幸甚です。

 

私が思うには、パンツのサイズがとても難しいです。

次にベストかな? 私は以前に天皇陛下のスーツをお仕立てされていた先生の所で、フッティング講習を少し受けさせて頂いたのですが、今でもその時の経験が、非常に役立っています。

その経験もいれて、パンツは立ったときのサイズと、座っているときのサイズではどちらかを優先するか、二本サイズ違いが必要な気もします。

立っているときに細身の綺麗なラインのパンツは、座ったときに少し窮屈感が出る。

座ったときに楽なパンツは、立ったときに前者に比べてゆとりのあるパンツになります。

これはお客様がどのようなパンツが欲しいかと、どのような仕事をしているかで、決めても良い適正サイズがあるように思います。

その為、当店ではその辺りをお伺いして、必ず椅子に座って確かめて頂き、お客様と、話し合いながら決めさせて頂きます。

同様に、ベスト。

ベストの丈に関しては立ったときに、ベルト帯から後ろのポケットの真ん中辺りまで、後ろの丈がくる(ほかにも見ます)位が適正ですが、お腹周りのゆとりは、立ったときにピッタリに作ると座るとお腹周りが少々キツいかも。

そのため当店では、座ったときに丁度のお腹周りのサイズのベストをオススメしております。

 

長さや細さなど、今は短めの細目が人気でも、数年先はゆったりシルエットが人気になることもありますので、まずは、いまの流行を優先して、仕事のしやすいサイズで作るのが、良いのではと思っております。

ジャストサイズのスーツでお洒落を楽しみ、スーツを着ていけば、痛んできますので、また買い換えの時期のサイズ感でスーツをお仕立てされることを、オススメします。

 

これだけですと、結局よくわからないよ! と言われそうなので、皆様も御存じだと思いますが、上着の袖丈について。

シャツが1.5センチメートル出るくらいが適正サイズと言われています。

ただ私は、お客様のシャツの裄丈にもばらつきはあると思うので、1.0センチメートル、前後と思っています。

その為、オーダーシャツも当店ではお仕立てしておりますが、シャツは既製サイズで良い人は、着たときに、親指の先から、シャツのカフスまでが、何センチメートルか覚えておくと、便利かも知れません。

もちろん一番は、いつものシャツを着て、採寸させて頂けることですが、参考になれば幸いです。

 

Follow me!