体形補正の説明について

オーダースーツを着心地良く仕立てる際、必要になってくるのが、体形観察。

人は頭のてっぺんから、足の裏までを真っすぐになっていれば、姿勢の良い体形。

でも難しいのが私の感想です。

 

やっぱり長年の癖や習慣でどうしても前後左右のバランスが悪くなってきてしまう気が。

例えば、首が前に行けば、背中が丸まり腰は前に出て、真っすぐに立てるように横から見るとSのようになる、S字体形になります。

右肩が下がれば、右腕は長くなり、左肩は上がり左腕は短くなる。

など、いろいろな体系の人がいるので、その人にあった型紙を作り、体形補正をするのが私たちの大切な仕事の一つです。

ご自分の体系の癖をお分かりの方には必要ないかもしれませんが、吉田スーツでは現在体形補正をどのようにするか?

そうすることによってのメリットやある場合はデメリットもご説明して、安心して頂けてオーダーを楽しんでもらえるようにしています。

 

以前に息子が小さかった時に、小児科によく連れて行っていました。行く小児科は決まっていて、おじいちゃん先生の所。

ベテラン先生だと思うのですが、「はい、風邪だね。水分取ってね」と薬を出してくれるのですが、どうも納得できなくて・・・。

近くに出来た評判が良い女医さんの小児科に行って、なんで評判が良いのか調べたくなり行ってみました。やっぱり評判通り。

結果出す薬などは同じなのですが、とにかく細かく、丁寧に説明してくれるのです。

説明=安心と感じた私は、それから体形補正やその他、メリットやある場合はデメリットもすべて説明するようにしています。

中には、ネットに書き込みで、スーツを作りに行ったけど、体形の癖を言われて不愉快だったと感じた方がいらしたみたいですので、人によっては柔らかく説明する必要もありそうですが、今の吉田スーツは体形補正を説明していますので、説明が不要な方は、お伝えいただければ説明なしでお仕立てさせて頂きます。

 

数ある体形補正の中で、パンツを抜群にかっこよく見せる体形補正のご説明。

モデルさんのような真っすぐな足にあこがれるO脚の私、出来る限り真っすぐに見せたい!

そんな時は、O脚補正があります。どうしてもセンタークリースが外側に行ってしまうのですが、O脚補正をすることによって、1cmほどセンタークリースを内側にするような補正になります。

スポーツではサッカーが上手い方に、多い体形補正です。

 

このほか上着も、これやると抜群に着心地が良くなる体形補正が、何個かあるのですが、これらに関しては是非、吉田スーツで体感してみてください!

紹介して頂きましたこちらの本にも、詳しい説明もありますので、是非お買い求めください。

Follow me!