オーダースーツ楽しむポイント ボタン編

オーダースーツを楽しむためのポイントを、私なりにお伝えします。もしも皆さまのためになれば、嬉しいです。

さて、スーツ等をオーダーするとき、皆さん緊張することや不安なことも多いかも知れません。

来店前に沢山勉強されて御来店される方も、多いかも知れません。

勉強されて来て下さる方、ありがとうございます。その気持ちがとても嬉しいです。

私は凄く緊張する人間なので、初めてのご来店してくれるお客様の不安感や期待、とても良くわかります。

吉田スーツスタッフ一同、安心して楽しくオーダー出来るように努力しますので、ご安心してご来店ください。

簡単に来店時の流れをご説明すると、スーツのオーダーは、生地を決めて、ボタンや裏地を決めて、形を決めて、採寸をして、完成後ご納品。の流れになります。

生地に関しては、とにかく着数も多く選ぶのも楽しく、オススメの生地や種類も多種にわたるので、今回は触れずに、ボタン選びからスタート。

ボタンにもいろいろと有りますが、大きく分けて当店では、無料のボタンと有料のボタンがあります。もちろん無料のボタンが沢山有りますのでそれでも充分ですが、形も決まっている紳士服、あとでご説明する有料ボタンを付けて、仲間と差を付け、凝ったスーツを作るのもオススメです。

ねりボタン? なんのこっちゃと言う感じですが、私がこの業界に入ったときから、ねりボタンと呼んでいます物が無料になります。厚みがあるもの、薄いもの。等など沢山有りますが、厚み有る物は重厚感があり、薄い物は付け締めが楽でスタイリッシュな感じ。沢山あります、ねりボタンですが、合成樹脂等で作った物になります。また艶のある物や、マットな物があり、艶は高級感、マットは落ち着きが出るので、完成をイメージして選ぶと楽しいですよ。そして、色も多数有るのですが、私は生地と同系色、または生地よりも暗いボタンがオススメです。

上着の前ボタンが濃い色だとスーツが引き締まり、身体のデカイ私は引き締まって見える気がするからです。お洒落な方は、茶系の靴を履くからと、茶色のボタンを付けたり、裏地をグレー系にしたいからと、ボタンも濃いグレーを選ぶお客様もいらして、センス良いなぁと勉強させてもらってます。

ようは、自分が納得する物を選ぶのが一番ですが、わからないときは吉田スーツに期待して聞いてください。お答えさせて頂きます!

さてさて、少し長くなりましたが有料のボタンのご説明です。

吉田スーツでは、天然素材のボタンをオプションとしているのですが、たくさんある天然素材ボタンから選りすぐりの、水牛ボタン、貝ボタン、ナットボタン、メタルボタン、名入れボタンをご用意。

作り方や加工方法は詳しくないので省略させて頂きますが、当店一番人気は、水牛ボタン。角から削り出したボタン。形は均一ですが、微妙な色や柄の入り方の違いがありますが、それも天然素材の味になると思いますし、使っていくうちに手の油分などがボタンに艶をあたえたりと楽しい部分です。

メタルボタンはブレザーにつけたりして、金ボタン、シルバーボタンなど、お好みで付けてください。基本は紺のブレザーに金ボタンですが、シルバーボタンも私は好きで、なんとなくですが若々しさをアピール出来ると思います。

ナットボタンも独特の雰囲気を作り出せて良いのですが、最近のマイブームは、表側が黒で裏側が赤色のバイカラーのボタンを付けたジャケットがお気に入り。

高級な貝ボタンですが、私の師匠がハンドメイドで作ってくれたスーツには、選ばなかったのですが、貝ボタンがついていました。高級感を出したい方は、是非貝ボタンを選んでみてください。

最後に、名入れボタン? ハテナ、と思う方、いかがでしょうか? 納期が別途かかりますが(サンプルに限りがあるので、事前にご連絡の上ご来店ください)、自分の名前を入れてもよいし、大切な人の名前、記念日、等。会社の制服として、会社名を入れた会社支給のオーダースーツなんて有ったら、社員の方々のやる気アップにつながるのでは?

今これを見ている社員思いの社長、是非ご用命ください。

 

こんな感じで、世界に一着だけの、貴方だけのオーダースーツを是非! 次は裏地編をアップしたいと思います。

Follow me!