オーダースーツ楽しむポイント ディティール編その3

出来たら今回が最終回としたいのですが、簡単に写真を交えて、一般的に選ばれる事が多いものを、胸のポケットかお伝えします。

胸ポケット

・ハコ型

箱のように角ばっています。

 

・フネ型(写真とは違いますが、バルカポケットもございます)

船の形をしているからか、右はじが斜めになっているのが特徴です。

 

・アウトポケット(形は多数ありますが、こちらの形が多いです)

スーツでご注文が多いのは、ハコかフネとなり、アウトポケットはジャケットなどのご注文で多いです。次にご紹介する腰ポケットと連動して、選ぶ方も多いので参考にしてみてください。

 

腰ポケット(正式名称ではなく、分かりやすく表現してます)

・水平フタ付き

定番的な感じで、一番注文が多いです。

 

・水平フタなし

室内着、礼服などに多いです。

 

・斜めフタ付き

お腹の絞りが強調されます。

 

・チェンジポケット付き

斜めと水平が選べます。

腰のポケットでとても印象が変わりますので、楽しみポイントの一つです。

 

後ろの開き

・センターベント

2つボタンに多く選ばれています。

 

・サイドベンツ

3ボタンやダブルのスーツに多いです。

 

・ノーベント

礼服やダブルのスーツに多いです。

 

・フックベント

3ボタン段返りのトラッドなスーツに多いです。

これには絶対これと言い切れないのですが、礼服にはノーベントがおすすめです。また、車に上着を着て乗る人や、動きやすいのが好みの人はサイドベンツがオススメ。2か所開くので、ベンツとなります。

 

袖ボタン

1つから4つまでお選びいただけます。現在は、3つか4つのご注文が多いです。

 

背裏

背抜き、または総裏。春夏物は背抜き、秋冬物は総裏が多いですが、今は冷暖房がきいているので、お好みでもよいかもしれません。

 

パンツのタック

ノータックから1~2本タックを入れることができます。現在は、細めが人気なのでノータックが多いです。タックが入るごとに、パンツの太さにゆとりが出ます。腿が太くてノータックが履けない悩みのある方もご心配なく、サイズを合わせるのでサイズピッタリで仕立て上げます。

 

脇ポケット

・斜め

物の出し入れがしやすいです。

 

・縦

すっきりとしたシルエットが出ます。

 

裾口

・シングル

フォーマルな物はこちらをお選びください。

 

・ダブル

巾が3.5cmから4.5cmまでが一般的です。

 

パンツの後ろのポケットは、種類がとても多いです。ただ一般的には、左お尻にボタンがついているもが多いです。また後ろのポケットに財布などを入れる方も多いと思いますが、必ず下の部分が財布とすれて穴があくので、出来れば入れないほうが良いかと思います。

 

以上、スピーディにご説明と少々のポイントをお伝えしましたが、全くわからない人は、是非スタッフにすべてお任せください。今、お客様に、一番お似合いになる、ベストな形をお伝えします。

Follow me!