マニカ・カミーチャ

 

近年、ビジネスシーンでもカジュアル化が進み、より軽やかなジャケットが多く見られるようになりました。

今回は、そんな軽やかなジャケットに多く用いられている仕様について、

マニカ・カミーチャと呼ばれるものをご紹介致します。

 

そもそもマニカ・カミーチャとは、イタリア、ナポリの職人によって生み出された仕立てで、よく雨降らし袖などとも言われております。イタリア語で「マニカ」は“袖”、「カミーチャ」は“シャツ”という意味であり、名前の通り、シャツの袖のようなものです。

肩パッドやたれ綿を使用せず、袖付けを行なっているものです。

下の画像のように、縦のシワ(ギャザー)が入っているのも特徴の1つ。

このシワ感は、袖付けを行う際、ギャザーを入れながら、平面な布に丸みをつけて立体的にする、いせ込みという方法によりできるもの。

縫製のミスではなく、かなり技術が必要な技なのです。

これにより、少しカジュアルで柔らかい雰囲気になります。

ちなみに、厳密には、マニカ・カミーチャとは肩の下に袖部分が入り込むような仕立てのことを言い、特徴的なギャザーのことを雨降らし袖と言います。

 

このマニカ・カミーチャ、よく着心地がよく感じられます。

服素材を省いている分、軽量になり、肩を包むかのように、ぴったりとフィットすることがそのように感じさせる要因です。

見た目が柔らかい印象ですので、ビジネスシーンよりはカジュアルシーンでお楽しみ頂きたいところ。

生地もハリコシのしっかりしているものより、しなやかな織りの生地をオススメします。

 

しかしながら、ビジネスシーンでもなるべく軽量のものをという方も多いと思います。

そんな方々には、もう一つのオススメのお仕立て、マニカ・マッピーナをご紹介します。

先程のマニカ・カミーチャは肩のパッド、たれ綿を省いた仕様。

マニカ・マッピーナは肩パッドのみを省いた仕立てです。

ナチュラルな肩のラインで、パットがなく軽量。

 

シャツ袖のようにカジュアルになりすぎないので、ビジネスシーン、スーツで着用する場合にはこちらがオススメです。

 

いろんなスタイルを楽しんで頂けたらと思いますので、是非ご参考下さい。

 

上間

Follow me!