ブレザーに

ウィリアム・ハルステッドの580gのヘビーウェイトの生地。最近のツイード生地よりも目付があります。

イタリアのソフトな生地を好まれる方には全くお勧めできないのですが、スーツ好きな方には垂涎物の生地ではないでしょうか。
秋冬物の紺ブレとしては最高の生地ではないでしょうか。

ストレッチの効いた楽なスーツが注目されている中、正反対のガチガチな生地をお勧めするのも気が引けるのですが、個人的には今のところストレッチの効いたスーツは着ない気がするので、このようなゴリゴリの生地に心惹かれます。

定番のグレーを中心にグンクラブチェックやブラックウォッチのスラックスと合わせて着たいですね。

スラックスの太さもドレープが出てエレガントに見えるように太くし、それに合わせてジャケットの着丈も気持ち長めに。。。

なんていう妄想をしているところです。

 

Follow me!

投稿者プロフィール

大山 真弥(Shinya Ohyama)
大山 真弥(Shinya Ohyama)