ジャケットフェア ピックアップ生地

今月末まで絶賛開催中のジャケットフェア。

フェアを計画した私たちスタッフも目が飛び出るほど驚く安さ!

安かろう悪かろうではないのです!国産の生地からインポートの有名ブランド生地まで揃ってます!

この価格で出せる事自体が衝撃です。生地屋さんに感謝感謝。

 

さて今回はそんなジャケットフェアの生地でお勧めの生地を独断と偏見によりピックアップしてみます。

 

まずはこちら。
ブラウンとオレンジの中間色ような色合いのチェックの生地。
ベルギーのブリュッセルにあるスキャバルの生地です。
スキャバルと言えばスーパー200’s&ビキューナのThe Starなど超超超弩級の生地を展開している事でも有名です。
この生地に関してはウール100%でジャケット様に少し柔らかく織っている生地ですので、肌触りも素晴らしいです。
色合いがあまり馴染みがない為取っ付き難いかもしれませんが、ダークネイビーやインディゴデニムなどちょっと濃いめの色のパンツとは相性がいいので、着てみると案外合わせやすいと感じると思います。
(国分寺店)

続いてはオルメザーノのチェック生地。
ベージュ×ブラウン×マスタードのチェックで、ざっくりと織られています。
ざっくりとした生地感がリラックス感のある印象を与えるので、カジュアルよりのシーンで使い勝手が良さそうです。
どのパンツとも相性は良さそうですが、ブラウンやベージュ系の同色のパンツと合わせるのがお勧めです。
(虎の門店)

続いてはこちら。
国産ジャケットでブランドネームこそありませんが、ビンテージ調の柄が心にグッときます。
ベージュ系のジャケットお探しでしたらイチオシですよ!
ところどころに見られる白い斑点(ネップ)がお洒落な雰囲気。
最近の国産、インポートを含めたジャケット生地はこの雰囲気を出しているものが多くないので、なかなかのレア生地ではないでしょうか。
秋冬ものですがホワイトパンツと合わせて着るとグッとお洒落度が上がりますよ!
(虎の門店)

最後はジョン・G・ハーディー。
カントリージャケット好きにはたまらないのではないでしょうか?
ゴリゴリの生地感、重さがこの生地の魅力。
昨今ではソフトなライトウェイトのツイードもよく見かけますが、カントリージャケットを作るならゴリゴリの生地の方がカッコいいですよね?
これもフェアの生地なのです。。。

まだまだ心踊る生地が沢山ございます!!!
店舗によって取り扱っている生地が異なりますので是非全ての店舗を回って見てください!!!

Follow me!

投稿者プロフィール

大山 真弥(Shinya Ohyama)
大山 真弥(Shinya Ohyama)