カジュアルに。

先日、スタッフ鍋村との会話にて

鍋「最近フランスの・・・」
大「Mー47?」
鍋「そうです。なんでわかったんですか?」

と言うやりとりがありました。

なんでわかったかと言うと、私も欲しくて狙っているからです。
ベイカーパンツなどワークパンツ、ミリタリーパンツが欲しいと言うのは私も同じで、好みのスタイルが個々で全く異なる吉田スーツとしては中々珍しい出来事でした。
鍋村はファッション、ジュエリーなど方々に造詣が深く、ファッション談義すると時を忘れて話し込んでしまいます。

先にM-47を買って自慢してやると心に誓ってます。ただ、「これ!」と言うサイズのものが中々売ってなくて。。。

 

さて、本日のブログはM-47を引きずりながらカジュアルなスタイルについて書いていこうと思います。

まずはジャケット

ドラッパーズのゴールデンサジェッションより、ウール×リネンのストライプ。

リネンが入ることでリネンの素材感が表情を作り、着ていくうちに小慣れた雰囲気のジャケットになるかと思います。

個人的に悩ましいのがダブルブレストで作るかどうか。
夏をイメージするとシングルの方が涼しい気がするのですが(ほとんど変わらないと思います)、このちょっと太めのストライプはダブルの方が雰囲気が良さそうです。単純に私がダブルの気分だからと言う理由なのですが。

中に合わせるシャツはポロシャツや鹿の子などのニット素材のシャツや、コットンリネンまたはリネン100%あたりが夏らしくていいのではないでしょうか。

何よりニット素材は楽でいいですよね。
リネンに関してはドライタッチなところが◎です。

個人的にはリネンシャツが好きなので、リネンが一押しです。

 

パンツに関しては

白のコットンパンツを合わせておけば夏は大体なんとかなります!
暴論極まりないのですが、何も考えずに夏っぽさが欲しい時には白パン、是非試してみてください。

軽い冗談はさておき、個人的なお勧めは

ホーランド&シェリーのオレンジやサーモンピンク、サックスブルーなど淡いブルー系の色

こちらの生地はウールなのでカジュアルによりすぎないスタイルにしたい時に、この様な遊びのある色がお勧めです。
パンツのサイズ感もちょっと太めで足元のドレープ感を楽しめる様に仕立てるとエレガントです。

ゆったりとしたスラックスには足元をベルジャンシューズやエスパドリーユにするとリゾート感が出ていいかと思います。

ホーランド&シェリーの生地はカラーバリエーションが豊富でスーツ生地では中々お目にかかれない色があります。
是非これは!と言う色のスーツとまでは言いませんが、スラックスを仕立ててみてはいかがでしょうか。

Follow me!