スーツの生地ブランド

スーツを仕立てる時の生地選びは、とっても楽しいですが、国産やイギリスやイタリアをはじめ多くの生地ブランドがありますが、生地ブランドは大きく2種類に分けることができます。ミル(織物工場)とマーチャント(織物商社)です。それぞれのブランドの生地の違いと特徴を知っていると、今後の生地選びがより楽しく、よりスムーズになると思います。

そこで、本日は、吉田スーツで取り扱いのある生地ブランドを中心にミルとマーチャントの違い、それぞれの特徴をご紹介致します。

ミルとマーチャントとは、自社ブランドと商社の違いで、ミルは、自社で織って独自のブランドを持っています。マーチャントは、織物工場と契約を結び、ショップやテーラーに生地を流通する役割を担っています。現在、イギリスでは、家族経営主体だったミルが淘汰され有力グループの傘下になりつつあります。

有名なミルは、イギリスのハダースフィールド、イタリアのビエラ地方、日本の尾州に集中しており、共通して良質な水源がそばにあるのが特徴です。

代表的なミルは、

イギリス:テイラー&ロッヂ、ウィリアム ハルステッド、フォックス ブラザーズ、マーティンソン、ムーンなど。

イタリア:エルメネジルド ゼニア、ロロ ピアーナ、カノニコ、カルロ バルベラ、チェルッティなど。

日本:御幸毛織、葛利毛織、中外国島など。

多くが、元々は、家族経営が中心の歴史ある生地工場です。

代表的なマーチャントは、

イギリス:ドーメル、ホーランド&シェリー、ハリソンズ オブ エジンバラ、フィンテックスなど。

イタリア:ドラッパーズ、フラテッリ カチョッポリ、アリストンなど。

日本:残念ながらありません…。

マーチャントは、ミルに生地の作製を依頼して、ファッショントレンドに対応した生地供給を仕掛け、トレンドを作ります。

以上の様に、沢山のブランドがありますが、上記ブランドは、吉田スーツで取り扱いしております。

好みのブランドを見つけて、オーダーするのも良いですが、沢山の良質生地を揃えております。ブランドに拘らず、沢山の生地の中から、その時の気分や好みの色柄によって選んだ生地でオーダーするのもお勧めです!

ニュー&吉田スーツ 清水

☆混雑時は、ご納品のお客様を優先させて頂きます。ご注文のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、ご了承頂けましたら幸甚です。

Follow me!