映画から学ぶこと

こんにちは鍋村です。

 

最近雪も降り寒い日が続いていますね。

僕は暑いより寒い方が耐えれるので大丈夫なのですが、帰りの自転車漕いでる時はさすがにしんどくなります

もう少しだけでいいので暖かくなってほしいですね。

 

本題へ入ります!以前1970年代の映画の話をしましたが、今回は最近話題になった映画を少しご紹介したいと思います!

 

最近見た中で個人的に1番好きでご紹介したいのが「JOKER」です。

僕はジャックニコルソンのジョーカーが好きで昔見た時の衝撃が今でも忘れられないのですが、今回見たジョーカーは同じくらい衝撃的でなによりもストーリーが好きでした。

 

ホアキンフェニックスが演じるアーサー(ジョーカー)は最初はとても弱々しく薄気味悪いのですが、頑張ってほしいと応援したくなるような人でした。

ですが長く不運が続いていきどん底に落ちていくにつれ自分を守るために暴力的に狂っていきます。

その姿を見ていると不思議と同情をしてしまいます。最悪なことをしているはずなのになぜか仕方ないと思えてしまう感覚にも怖いなと感じます。

でも狂った姿は危ないのですが凄い魅力的です。

 

 

コメディアンを目指すアーサー(ジョーカー)は舞台でネタを披露するという大切なシーンなどでボルドーのような色をしたスーツを着ています。

そのスーツ実はジョーカーに変貌するにつれて少しずつデザイナーが赤く染めていたらしく、最後ジョーカーとして完成した時には真っ赤なスーツに変わっています。

少々奇抜ですがそれがかっこいいです。

ジョーカーのイメージの紫や緑の組み合わせは今回は無くして、赤や黄色や緑とビビッドな色合いでまとめていますかっこよくなることが凄いなと感心してしまいます。

 

 

元々ジョーカーが好きだった自分的にはまた見てみたいと思える映画でした!

少しブルーな雰囲気ではありますが面白いです。

是非、興味ある方は見てみて下さい。

 

 

鍋村

↓↓公式ライン追加はこちらから↓↓

Follow me!