ゼニア「クールエフェクト」

先週の日曜日にゼニアの「トロピカル」生地についてまとめさせていただきましたが、

今回のブログではゼニアのもう1つの春夏生地の定番「クールエフェクト」についてご紹介をさせて頂こうと思います。

ビジネスシーンで選ばれる、スーツの中で一番定番の色合いといえばダーク系のネイビーやチャコールグレーなどがあげられます。

しかし、これらのダーク系の色合いの生地は夏の暑い時期には熱を吸収しやすく、

見た目にも暑苦しい印象になってしまうので、あまり選ばれません。

そこで、ゼニアは(前回のブログでもご紹介した)、オーストラリア産100%のスーパーファインウールに特殊なトリートメント加工を施すことによって

ダーク系の生地でも光(熱)を反射させ、熱の吸収を抑えてくれています。

これによって、生地の表面温度は通常の約10度ほども下がり、夏でも涼しく切ることのできるスーツになります。

さらに、強撚糸(※1)と言われる糸を使って、より薄く、より軽くおられているため、とても涼しく感じることができます。

先週ご紹介した、「トロピカル」今週ご紹介した「クールエフェクト」

このどちらもが夏の定番の生地でり、どちらも夏を涼しくしてくれる生地となっています。

生地によって若干の特性が異なりますので、自分の好みや、普段の生活に合わせて生地を決めると良いと思います!!

例えば、

仕事柄かっちりした仕事で、夏でもスーツを着る機会が多い方や、

春夏の結婚式やフォーマルシーン用にスーツの のお仕立てを考えている方は

ゼニア「クールエフェクト」がオススメです。

ダーク系の生地でもさらっと着ることができるので、かっちりとしたシーンにもサラッとジャケットを羽織ることができます!

春夏に涼しく着ることができて、

さらに、柄でも少し遊んでみたい方には

ゼニア「トロピカル」がオススメです。

定番の無地以外にもチェック系やストライプ系の生地も数多くあるので、

夏に涼しいこだわりのスーツが出来上がると思います!

是非このどちらもチェックしてみてくださいね!!

(※1)撚りの強い糸。通常よりもさらに強く撚った糸を「強撚糸」と言います。毛羽が立ちにくくなったり、織物にコシが出たりします。

Follow me!