スーツのお手入れ

よくお客様からスーツのお手入れはどうすればいいですかと聞かれることがあります。
一番聞かれることが多いのが「どれくらいの頻度でクリーニングにだすか」です。
私たちがよくお答えするのは1シーズンに1回くらい。

日頃からご自宅でしっかりとお手入れが出来ていればあまりクリーニングは必要ございません。
もちろんクリーニングに出した方がキレイになりますが、あまり出しすぎると薬剤などで生地が傷んでしまいます。

そこで今回はスーツを長持ちさせる、ご自宅でのスーツのお手入れについてお話いたします。

① 専用のハンガーにかける
ジャケットは当店で納品時にお付けしているような木製ハンガーがオススメ。
パンツは裾を挟んで吊るすタイプのハンガーがオススメ。共に当店で販売もしております。

ハンガーにかける際はポケットの中身を全部出すようにしてください。
物を入れたままですと重みで型崩れしてしまう恐れがあります。
パンツはベルトを着けたままの方が重みでシワが伸びやすくなるのでオススメ。

② ブラッシング
汗とは別にスーツに付いたホコリやフケ、時期によっては花粉をとるもの大事です。
スーツのめに詰まりテカリの原因になることも。ブラシも当店で販売してますよ。

スーツをハンガーにかけたら、まずはブラシの背中で軽くスーツをたたくとホコリが取れやすくなります。
その後上から順に優しくブラッシングして下さい。肩回りはホコリやフケが溜まりやすいので念入りに。

③ スチーム
ブラッシングの後はアイロンのスチームでシワを伸ばしましょう。スチームは汗や臭いも一緒に取る効果も。
スチームを当てる際はアイロンが生地に触れないように注意してください。
スチームが面倒くさい方はお風呂場に干したり、霧吹きなどで軽く湿らせても大丈夫。
その際はびしょびしょにしないように注意してください。

④ 2日休ませる
よく言われているのが1日着たら2日休ませるということです。
毎日着ているとお手入れをしていても早く傷んでしまいます。
なので春夏、秋冬で各3着ずつスーツがあるといいと言われています。
上記のお手入れの後は風通しの良いところで1日陰干しするとより良いですよ。

毎日のお手入れはこんな感じです。是非お試し下さい。
家庭では難しい汚れなどはクリーニングへ。

 

藤田

Follow me!

投稿者プロフィール

藤田 国明(Kuniaki Fujita)
藤田 国明(Kuniaki Fujita)