上質な生地

吉田ブログでも書かれていましたが

昨日11/29は一般的には「いい肉の日」ですが、

我々アパレル業界では「いい服の日」です。

 

そこで本日は1日遅れですが

良い服の生地という事で、

「TAILOR&LODGE」(テーラー&ロッジ)

の生地を紹介致します!!

 

テーラー&ロッジと言えば、

ラムズゴールデンベールの生地が有名な

英国を代表する名門ミルです。

 

高い品質を維持するために、

時間と手間の掛かる伝統的な製法で

少量生産にこだわり織られた生地は、

 

聖地ハダースフィールドでの人気は勿論、

世界中のテーラーから人気を集めています。

 

今回紹介する生地はこちら。

↑チャコールグレー/ブラック

↑チェック柄(ネイビー/ブラック)

↑グレーのストライプ2種

 

これらの生地は上質なsuper100’sウールに

1%のカシミアを混紡して織られています。

 

カシミアを混紡することにより

柔らかく滑らかな肌触りになります。

もちろん英国生地らしくハリコシもあり

シワになりにくく頑丈な生地です。

 

光沢感は控えめで落ち着いた印象です。

 

目付は350g/mとかなりヘビーウェイト。

最近だいぶ寒くなってきたので、

これくらいの生地は温かくオススメ。

 

それとカシミア混ではなくウール100%ですが

ネイビーとブラックもあります。

こちらも同じく目付は350g/m。

 

 

是非、一度店舗にてサンプルをご覧下さい。

シャツフェアも開催中なのでお見逃しなく!

 

藤田

Follow me!

投稿者プロフィール

藤田 国明(Kuniaki Fujita)
藤田 国明(Kuniaki Fujita)