フランネル

もう10月で季節は秋のはずですが、

日中はなんだかまだ暖かい日が続いてます。

朝晩は涼しかったりと着る物に困ります。

 

ただ、天気予報をみたところ来週からは

徐々に涼しくなっていくようですね。

11月にもなればすっかり涼しくなるかと。

もはや寒くなっているかもしれませんね。

 

そこで今回はこれからの時期にオススメな

フランネル生地を紹介致します。

 

まず、フランネル(flannel)とは

紡毛糸という比較的短い毛を用いて

作られた糸を使用し織られた生地で、

表面が起毛しているのが特徴です。

 

起毛の控えめな物をサキソニー呼びますが

最近はあまり区別されずに

フランネルでひとくくりされています。

ちなみにネルシャツのネルは

フランネルを略した物です。

フラノと略す事もありますね。

 

そろそろ生地の紹介に移りますね。

まずはイタリアの「カノニコ」から

super120’sの細毛で織られたフランネル。

軽めの生地なので長い期間ご着用頂けます。

ストライプなどの柄物がメインの

コレクションとなっています。

同じく「カノニコ」から

super100’sの少し厚手のフランネルで、

先ほどの物より寒い時期に適しています。

コチラは無地のみですが色味が豊富です。

 

続いてイタリアの「ドラゴ」より

super130’sの細毛で織られた

RugbyFlannel(ラグビーフランネル)です。

コチラも軽めの生地ですが、

なによりストレッチと撥水加工の

機能性生地となっております。

ちなみに何でラグビー?と思いますよね。

元々フランネルは婦人用の肌着素材でしたが、

改良されテニス用のスラックスなどにも

用いられるようになり、

その後スポーツフランネルという生地が

作られるようになったそうです。

ラグビーはその名残だと思います。

 

続いては国産「葛利毛織」から

GentlyClothというフランネル生地です。

コチラの生地はなんといっても

肌触りがとても滑らかで気持ち良いです。

先日、私物のスーツを

コチラのブラウンで仕立てましたが

ヘビロテ間違いなしに気に入ってます。

 

葛利毛織」については先日の清水ブログをご覧下さい!

 

他にも沢山フランネル生地ありますが、

今回ご紹介するのは以上です。

 

是非、店頭で生地サンプルご覧頂き、

フランネルスーツ仕立ててみて下さい。

 

藤田

Follow me!

投稿者プロフィール

藤田 国明(Kuniaki Fujita)
藤田 国明(Kuniaki Fujita)