ハリソンズ

今回も生地ブランド紹介です。

前回はイタリアでしたので今回はイギリス。
赤いバンチでお馴染み「ハリソンズ」を紹介します。

「Harrisons of Edinburgh( ハリソンズ オブ エジンバラ)」は
後にエジンバラ市長となったサー・ジョージ・ハリソンによって
1863年に創設された英国を代表する名門服地ブランド。

「最上級の原毛のみが、最高級の服地を作り上げる」

最上級の原毛を使用し仕上げまで一切の妥協なく生み出される生地は、
しっかりとした打ち込みで織り上げられているため
アイロンでクセを付けやすく仕立て映えすると、
サヴィルロウは勿論、世界中のテーラーで取り扱われ、
欧州の王侯貴族や世界中のVIPから愛されています。

当店では定番4種のバンチをご用意しております。

まずは春から秋にオススメな2冊。

・「フロンティア」
サヴィルロウで定番の合物生地として長年親しまれている、
平織りながら目付300gのヘビーウエイトな生地。
抜群のハリコシによって実現される仕立て上がりの美しさと、
優れた回復力が高く評価されています。

 

・「リージェンシー」
厳選されたメリノウールで織られた軽快感のあるしなやかな生地。
気品あるものから、少しエッジの効いたものまで、
ハリソンズ流のブリティッシュモダンが詰まっています。

 

続けて秋冬にオススメな2冊。
(こちらは写真を用意出来なかったので文章のみです)

・「ファイン クラシックス」
しっかりと織り上げられた目付370gの肉厚な生地で
美しいイングリッシュドレープを生み出します。
一生ものに相応しい頑丈さも人気の理由です。

・「プルミエ クリュ」
ハリソンズを代表する生地の1つで
世界中のエグゼクティブ達から愛されています。
厳選されたオーストラリア・ビクトリア州産のメリノウールの
3回梳毛して最後に残った長い繊維のみを
1%のカシミアと織り上げた柔らかな肌さわりの生地。
英国高級服地のエッセンスが凝縮されています。

 

以上「ハリソンズ」の紹介でした。

今年の秋冬には現物生地を数点入荷予定です。
気になる方は是非店頭でご覧ください。

 

藤田

Follow me!