コットンスーツ

本日はコットン生地の紹介。

春からクールビズ期間中にかけてチノパンや
カジュアルなスーツでの人気が高くなるコットン。

オーダースーツでコットンと言えば
「LARUSMIANI(ラルスミアーニ)」ですよね。

上質なコットンやリネンの生地を得意とする
イタリアの生地ブランド。

コットン生地の生産ではイタリア国内最大手です。

グリモリエ・ミアーニ氏が創業した
LARUS’という名のテーラーが前身となっています。

ちなみにLARUSとはラテン語でカモメを意味し、
コチラのマークもカモメを表しているようです。

 

本日は通年の定番コレクションを紹介。

コチラです。

カラーバリエーションがとても豊富ですね。

ウールでも定番のブラックやネイビー、グレー。
コットンの定番ベージュやカーキ。
そして目を引くカラフルな物まで。

目付は300gと少し重めのしっかりした生地。
98%のコットンに2%のポリウレタンを混紡し、
風合いを損なわず適度なストレッチ性を持たせています。

もちろん定番コレクション以外にも目付の軽い物や重い物、
コットン100%の物やデニム生地なんかもございます。

 

そして、先日お客様にご注文頂いたコットンスーツが
仕上がりましたのでコチラもご紹介させて頂きます。

ベージュとカーキの2着です。

カジュアルで夏場に涼しく着用したいとのことで、
ミシンステッチや腰はパッチポケットにしています。

仕立ては肩のパッドなしで裄綿は残す
最近人気の「マニカマッピーナ」にしています。

それと広見返しにして裏地をほとんど無くし、

袖の裏地も無しにしたのでより涼しくご着用できます。

スラックスもカジュアル感を出すために
センタークリースをなくしています。

それぞれジャケットやスラックス単体でも使えますし、
写真のように上下を交換してもお洒落ですよね。

繊維がウールより硬いのでパリッとしていますが、
着込んでいくうちにだんだんと柔らかくなっていき、
シワが付いたり、色落ちしたりと自分色に育てられるのも
コットンの楽しみの一つですね。

 

皆様もコットンスーツ是非お試しください。
ジャケットやスラックス単品でのご注文もお受けしております。

 

藤田

Follow me!

投稿者プロフィール

藤田 国明(Kuniaki Fujita)
藤田 国明(Kuniaki Fujita)