キュプラ

高級なスーツやコートなどの裏地によく使用されるキュプラですが、
よくお客様よりキュプラって何ですか?と聞かれる事がございます。
そこで今回はキュプラとは何かを書かせて頂きます。

まずはキュプラの特徴(ポリエステルと比べると)
・柔らかく肌触りが良い
・光沢感がキレイ
・吸湿性や放湿性が優れている
・染色性が優れている
・静電気が起きにくい
弱点
・少しデリケート
・水洗いに弱い

キュプラとはレーヨンと同じ再生セルロース繊維で化学繊維の一種です。
正式名称は「銅アンモニアレーヨン」と言うそうです。
他にも「ベンベルグ」という呼び方もございますが、
こちらは日本の旭化成が生産しており世界的にも大きなシェアを持っています。

キュプラは「コットンリンター」と言う
綿花の種子の周りのごく短い繊維を原料としており、
こちらを薬品で一度溶かしてから再生して作られています。

ざっくり言えば綿の加工品ですね。

ちなみにレーヨンは木材パルプから作られており原料が異なります。
機能性的にもキュプラの方がレーヨンより良くなっています。

キュプラは極めて細い糸を作る事が可能で、形は綺麗な円形のものになります。
なので特徴で書いたように肌触りが良くなり、光沢感がキレイになります。

ここで特徴に上げた点をさらっていきます。
まず吸湿性、放湿性がいいので夏場は蒸れずにさらっと着ることができます。
ただ余程汗かきの方はキュプラが傷んでしまう可能性もあるので、
ポリエステルの方が頑丈でいいかもしれません。

次に秋、冬は乾燥するので静電気が起こりく、特にポリエステルですと
シャツとの摩擦で静電気が起きペタペタ張り付くことも。
要するにキュプラ1年通し快適に切れるスーツにもってこいの素材ということです。

そして発色性がいいのでポリエステルよりもカラーバリエーションが豊富。
よりお洒落なスーツを仕立てたい方にとてもおススメです。
別途オプション料金がかかりますがより華やかな柄物もございます。

是非、お仕立ての参考にしてみてください。

 

藤田

Follow me!

投稿者プロフィール

藤田 国明(Kuniaki Fujita)
藤田 国明(Kuniaki Fujita)